ヨーロッパですりに合わない方法5選(海外旅行コラム)

皆さん、ヨーロッパは先進国で治安が良いというイメージがあるかもしれません。しかし意外にもヨーロッパでは観光客を狙ったすりが多発しています。すりに襲われてしまったらせっかくの旅行が台無しです。旅行を楽しむために今からすりに合わない方法を5つ紹介します。

(1) 財布はポケットに入れない
ポケットに入れていた財布を盗まれることはすりの代表的な例です。必ず財布はカバンにしまっておきましょう!!また万が一財布を盗まれた時のために財布を複数持っていくと安心です。

(2) 電車で入口付近には立たない
電車の入り口付近に立っていると、発車直前に身に着けているものをひったくられることがあります。電車では入り口付近ではなく少し奥へ行きましょう。

(3) 見知らぬ人に話しかけられても無視しよう
道に迷った、聞いてほしいことがあるなど困った風を装い、相手の親切心を利用しその間にすりが行われることがあります。私はこの手法で財布を盗まれました。
中には話しかけられた途端、ミサンガを手首に巻き付けられて金銭を要求されたという人もいたそうです。くれぐれも見知らぬ人に話しかけられた際は気を付けましょう。

(4) 歩きスマホをしない
道中で歩きスマホをすると注意が散漫になり、またすりからも恰好のターゲットにされてしまいます。スマートフォンを使用するときは歩くことをやめ、複数人でいる場合はできればほかの人に周りを確認してもらうことも効果的でしょう。

(5) ダミーの財布を持ち歩く
ダミーの財布をポケットなど目立つところに入れ、その財布をすりに盗ませることで本当の財布を盗まれないようにする方法です。中にはこの方法はヨーロッパの現地の人でもやっている人がいるくらい効果的です。

いかがでしょうか。私は上記にも合った通り、イタリアで財布を盗まれてしまったことがあります。幸い、クレジットカード会社にはすぐに連絡し、保険証やパスポートは入っていなかったため大事には至りませんでしたが、その後の旅行を心から楽しむことはできませんでした。
以上のようなことに気を付けてぜひヨーロッパ旅行を楽しんでください。

海外旅行/海外ボランティアがおすすめの理由(コラム)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。